▼ Diary - YayoI - ▼
日記というか、日々の雑記。たまぁに蘊蓄たれたりね。

以下で作者に一言メッセージが送れます。個人情報は送られません。御意見、御感想、御苦情、御ツッコミ等どうぞ。

31, Jan. 車、来宅
 前々から買う買うと言っていた車を、とうとう親戚が持ってきてくれた。
 昨日の時点ですべりこみで任意保険がかかったので、晴れてこいつは今日から私の愛車となった。
 今日でペーパー歴もはや 3 年、マイ車を持たないまま書き換えをしてしまった今年、とうとう念願の、である。
 早速乗り回してみる。うぅん、はじめてのマイ車なので比較のしようもないけど、ナカナカの乗り心地。
 調子にのって、ちょっと足をのばしてみる。車のいない夜ならだいたい 30 分くらいのところにある友人宅までドライブするのだ。練習がてら、ね。
 んが、日曜の昼間(〜夕方)ということもあり、往復で 2 時間以上かかってしまった。ほとんど渋滞の道のりなので、あんまり練習にもならなかった。むぅ。
 友人に聞いたら「他の道は空いてたよ」とのこと。そんなこと言ったって、他に行き方知らないんだもん。そういえば地図もまだ買ってなかったなー。今度買わなきゃ。
 ちゃんと車庫入れもできて、とりあえず今日は無事終了。しかし慣れてないせいか、自分でも危なっかしい場面多しな感じ。要練習、である。
 しかし、駐車場まで歩いて 5 分近くかかるのはなんとかならんかなー。

 そして私信もーど。

 今さらもくもくもくな人
 いや、D 判定は成績表に残らないんだもんねー。ふっ、勝利(にや)。
 くれぐれも視力はお大事に。メガネかけはじめてからでは遅いのだぞぅ。

 keisyu 氏>風邪だって? 早く治そー。お大事にねっ。

30, Jan. ネタの仕込みに一日かかるのこと
 むぅ、朝か……。
 起きようとして、妙な頭痛に見舞われる。
 いいや、どうせ土曜だし、今日は休んだほうがいいな。ぼんやりと考えつつ、時計を見た。

 昼の 12 時だった。

 熱はないんだけど、代わりに喉と頭が痛かったので、いちにち家でネタの仕込みなどしてみる。つーか瞼の裏側がひたすら痛い。うう。
 次は曲と関係なしでいこうかとも思ったけど、ちょうど手頃なものがあったのでそれにしようと決定。とりあえず流れをざっと書いてみる。
 うーんうーん……ヴァッシュ?
 あわてて方向修正。……うん、こんなもんだろう。
 量にしてだいたい 2 枚弱。このあらすじでひとつ書いてみるか。ふと、時計を見る。

 すでに 5 時だった。

 いや、CD 探して聞きながら考えたり、詞を耳コピで書き留めてみたり、そういうことをしてるからちょっぴり時間がかかるのはわかるのだが……いくらなんでもかかりすぎだってば。
 どっと疲れたので、読まずにほったらかしだった文庫を流し読み。目の痛みに耐えながら読了するころには、すでに夕食も風呂も済んでいた。
 これで 1 日が終わってしまうのだから世の中不条理だ。

 今日の 1 冊:
 富士見ファンタジア「一生ひとりで遊んでろ! 魔術師オーフェン無謀編 7」秋田禎信
 毎回独特のセンスで展開される、魔術師オーフェンシリーズ外伝 7 巻目。月刊ドラゴンマガジンに連載してある分は、はっきり言ってコント集。しかし、繰り返すがその独特のセンスは飛び抜けたものがある。鼻につく部分ももちろんあるが、テンポの良さと相まって大抵は成功している。これが人気の源であろう。
 書き下ろしの分は、オーフェン本編の匂いが感じられるシリアス仕立て。説明不足にすぎるかと思われる境界線上の書き方だが、その雰囲気と要所に見られる非凡な表現能力がうまくカバーしていると思う。
 総括してみると、ファンタジア文庫の水準では上のほうであろう。面白いとは思う。しかし、慣れると飽きてしまうのは私だけだろうか。特に外伝(無謀編)の方はこのごろじっくりと読む気がしない。むぅん、単に気力が減退しているだけかも。
 しかし偉そうに書いてるなー。ファンの方、別にけなしてるわけじゃないのよ。

 をを、SweBe さいこぉ。

29, Jan. 昨日の題名が意味不明だったことに気づくのこと
 いや、本当は警察署に行ったら熱は下がったけど、今度は喉が痛くなったんだよぉという話にしようと思ったんですけどね。どこでズレたんだろぉ?

 本日。

 起きたら10 時だった(にや)

 あわてて跳ね起きて、駅までチャリンコダッシュ!
 しかし途中のコンビニでのど飴を買う余裕など見せてみる。袋のデカいやつね。
 時間、都合プラマイゼロってことで。うん。
 学校に着くなり、すぐにテスト準備。ここんとこ調子悪くて、ロクにとさえ言えないくらい完膚無きまでに勉強してなかったのだ。
 そんなワケで 1 時間ちょっとかけてみる。
 結果。
 大敗北でした(^^;
 まぁいいんだ。本当はもう単位なんていらないんだけど、学生最後のテストだから受けておこうかなーっていうモノですだから。
 んで、ふんふんとタスクをこなして帰宅。
 お、弟の自転車がない。あいつ、最近遅いんなー。
 …………あれ。

 カレカノ予約忘れたー!!!

 いつもは弟が予約してくれてるから、すっかり安心してたのにー!(泣)
 くすん。今日はもう麻雀も行かずにフテ寝です。外寒いし。

 話は全然、そりゃぁもう新宿のど真ん中を歩いててふと横道に入ったらそこはサバンナだった、くらい全然無節操に変わるんですけど、ファイナルファンタジーのお話。
 ご存じスクウェアが放つ、毎回出るたびに馬鹿売れする RPG ですが、私は初代から大好きです。全部完全にクリアしてきてるっす。高校のころは試験期間中に 3 日でクリアしたもんっす。
 えー、金使ってるワリに練り込みが足りん、とかブランドで売っている、とか要素を寄せ集めていて統一性がない、とか色々と意見もあります。
 しかし、私はどうしても好きですね。なぜか。
 まず音楽。毎回、植松伸夫氏が作り上げる絶妙な音楽の世界。あれだけがあると思うだけで私は買うでしょう。
 そして美麗なグラフィクス。背景などへの気の使い方がぐぅです。
 まぁまぁなシナリオも、このふたつがひきたてます。冷静に考えると驚嘆するほどでもないシナリオでも、その絵と音のフレーバーのために思わずのめり込んでしまう。
 隅々まで遊ばせようというエサも多い。多くの隠されたアイテムや攻撃方法、キャラクター。ストーリーとして考えればヘンなコトなのだろうが、ゲームとしては探す楽しみが増える。
 宣伝で一般人に買わせているというお話もあるようですが、スクウェアもできた当初から超絶的なブランドをもっていたわけではありません。今までの積み重ねが話題を呼び、スクウェアの FF といえば TV の宣伝でも威力を発するわけです。初代 FF などはドラクエよりも話題性が低かったし、FF2 などはそのあまりにコアなシステムに敬遠されがちでさえありました。そのころから今まで続けてこられた、その挑戦的なシステムづくりにも着目しなくてはなりません。
 ミクロな楽しみの集まりだとも言えますが、逆に言えばそれだけの楽しめる要素を打ち出してきているということ。大作 RPG? あれってもちろん冗談ですよね?(^^;
#FF が「大作」だったのはもう昔だと思いますね。今はせいぜい「大盛」って感じでしょーか。名称を換え忘れてるんでしょう(^^;
 ただ、ゲーマー受けする部分がおざなりになってはいまいか、という意見には同感ですね。私は「最近は」という限定をつけますが。特に PlayStation に移行してからは、ゲームをつくる気があるのかという疑問さえ浮かびます。シナリオが、すんごいムービーや CG の陰にどんどん埋もれていってしまっているような気がする。このままだと、どうも過去の遺産(ブランド)にあぐらをかいて、徐々に金に飽かせたつくりになっていってしまうのではと心配。ふぅ。

 それはそうと、三学期も進級以外で頑張ってそうな人
 りょうかいです、今度本屋で探してみるです。そーかー、褒めてなかったのか(^^;

28, Jan. 警察署の上り坂から喉に進行中のこと
 昨晩、中古車を頼んだ親戚から電話が入った。
 どうも、すぐに来ると思っていた車庫証明などの書類が一向に来ないので気になったらしい。
 だって仕方ないじゃないこっちだってイロイロあるんだってばさ、と説明したところ、
 「早く行け」
 との至上命令をゴチになりました。ええ、ごっつぁんですたい。

 そんなわけで、今日はまず朝から警察署に GO でした。
 因縁の坂を、今日はゆっくりめに汗をかかないよーに登り。途中のコンビニでスポーツドリンクまで買って、もーかなり運動だゼ状態。
 デカいトラックがもうもうと砂煙を上げて走る道を横切って、ようやく到着しましたよ。
 肝心の書類提出は、受付のおねーさん(やや無理^H^H誇張あり)が懇切丁寧に応対してくれたので、窓口を 3 往復するくらいでできましたよぉ。
 しかしねぇ。

 オドレ、手数料が \2200 ってぇのはちーと高ぁないんか?
 しかも出来るのが 2 月 2 日? それまたちょっち遅いんとちゃうん?

 なんてぜんっぜん思いませんでしたよ。うふふのふ。

 そして、急いで駅まで戻って、学校に直行です。
 テストに間に合わないんだってば〜!
 朝 9:30 から警察署は受け付け開始、しかし 11:00 からテストなんスよ!
 駅から学校までは 30 分ちょっとかかるし、警察署から駅までは 10 分はかかる。
 しかも家なんて出遅れちゃったりして、警察署着いたの 9:45 だしぃ。
 いやーもータイムテーブルぎりぎり。間に合わなかったらどーしよー。

 間に合ったけどね。
 ……。
 盛り上がりを期待してた人、いたらごめんなさい(^^;
 いや、ぎりぎり遅刻のハズが、なぜか 15 分前に着いちゃったんですよねー。
 世の中って不思議ダネ。うん。
 まぁ既に単位は足りている(ハズな)ので、気分の問題だったりしますが。
 そういえば、筑波方面は研究室ともども確定したんだろーか。などと日記で一言触れたきり話が出てこないのをさりげなく気にしてみたりする。
 とりあえず馬鹿にはしてないっす(にや)<先制攻撃

 そういえばで思い出した。
 地元の友人 K 林 & K 田両氏。
 zip ファイルの背景がまっしろなせいで文字が読めない、とのことだったね。
 了解しつつ zip に背景画像も入れてみました。お試しあれ。


 久々に読み終わった文章本:
 富士見ファンタジア文庫「ブートレガーズ 神仙酒コンチェルト」字野耕平

 帯が気合い入ってたので、んー、久しぶりにファンタジアも読んでみるかぁと買ったです。
 なんか後書きの編集部はベタ褒めなんですけど、私はそんなにのめり込めなかった。
 何が悪いって、文章が躓きやすい。ふんふんふん、づがん、って感じ(?)で読み進むことの障害になるくらい(私には)わかりにくい表現の場所が多かった。
 おかげで、盛り上がりもクライマックスも、ちーともノらない。ここまでなんとなく読み終わってしまったのも久しぶりだ。
挿し絵も良くない。少ない上にラフ以上ではない。私ならこの人に描いてもらうより Q 完の人か keisyu氏(ここのトップページの挿し絵を描いてくれた氏ね)に頼む。

 うーん、なんかこき下ろしまくってるなぁ。
 なんとかプラス評価を入れるなら、「厚い」ことかな。遅筆な私には、あの量を書けるのがうらやましい<プラス?
 ま、まぁいいや。

27, Jan. 今シーズンすでに 2 回目ですってば奥さん、のこと
 と、いうことで大穴っす。
 風邪で寝込んだのは、今シーズンに入ってもう 2 回目。卒研追い込みあんどその他もろもろに忙しいってぇのにこの失態。もー最悪。
 20 と(ぴー)の歳月を生きてきたけど、こんなん初めてですよぉ。今までは、せいぜい年に 1 回も風邪ひけば「おお、今年は当たり年だぁ」って思えたのに<ぉぃ
 やっぱり警察署が悪かったのかなぁ。
 それとも寝不足ぽい人の呪いか。むぅ。
 ストレートに雨に打たれちまったからサーと言えない私は小心者。

 閑話休題。
 日曜は久々にえーがというものを観てきました。うーん、最後に観に言ったのは半年くらい前だったかな。てへ。
 で、「アルマゲドン」。結論。
 面白かったッス。
 アッチ系のご都合というか、先の読める展開が鼻につかないこともないんだけど。
 それが観ている間は気にならないくらい迫力ある展開。感動的なシーンもアリ。
 ふかーく考えて行くとナゼ? という部分は多いんだけど、ツッコむのも野暮ってもんでしょう。面白かったからいーんです。
 って、帰ったら熱っぽいんだから世話ないよなー。

 毎回スルドいお言葉をくれる人
 ええ、ゼヒ苦言メールください。あれもうちの計画に加える予定なので、むっちゃ参考にさせてもらいますです。はい。
 ……腐ってる、って……?(^^;;

 お風呂が光速らしい人
 私は 10 分〜 20 分くらいでしょーか。それ以上漬かってるとのぼせてくるです。
 ところでちょっと遡るんですけど、GW ってナニモノっすか?

24 - 26, Jan. (遡)傾きは 38 度くらいのこと
 風邪ひいてブッ倒れてましたとさ。

23, Jan. 骨折り損は久々の運動になったかもしれないのこと
 ほんとは学校に行く予定だったんだけど、体の調子が悪かったので休んでしまいました。
 うちの研究室って、部屋にスイッチのない強力な暖房があって、さらに 10 台以上あるマシンも放熱してるから、ずーっと窓を開けててもまだ暑いくらいなんです。調子悪いときに常駐しようもんなら、一発でおかしくなる。乾燥しててお肌も荒れるし。
まー、そんな言い訳です(^^;

 あ、でもなんか今日ってテストが 1 教科あったよーな気がする。
 あんまりテスト期間っていう実感がないんだけど、確かあったよなー。
 ……。
 まぁいいか。

 そんなコトより、今日は車の車庫証明を提出しに、地元の警察署に行きたかったんだ。
 警察署は、家から最寄り駅まで自転車で約 10 分。そこから更に 10 分くらい行ったところ。
 風が強い日なんかに突然止まってしまうので有名な某線路沿いだ。
 ちょっと辺鄙だぞ。
 まぁヘンピだからと言って行かないわけにも行かない。
 意を決した私は、えっちらおっちら自転車をきしらせながらひた走った。
 途中に坂もあって、ナカナカ良い運動になる。いつもよりも良い陽気も手伝って、うっすらと汗なんてかき始めたりしてみる。
 つーかむしろ運動不足を再確認した感じ。こんなんで汗ばむなって。
 そんなこんなで、警察署に到着。入口を探してまるまる一周回ったりしたのは秘密なのだ。
 駐輪場らしきところが見あたらないので、適当に自転車をとめて建物のなかに。
 と、空気が違った。
 2 枚の自動ドアをくぐった途端、中にいた全職員の視線を浴びたのだ。もー内心あせだくだく。私は犯罪者じゃないっつーの。
 かなり腰が引けたまま、おずおずと訊ねてみる。
「あのー、車庫証明のほうお願いしたいんですけど……(<不安を表す三点リード)」
 すると、「課長」と顔に書いてあるオジさん曰く。
「あ、そういうのは祭日はやってないんですよ〜」
 今日って祭日だったっけ……?
 ま、まぁ土日祭日のことを言ってるんだなーと解釈することにした。

 って、そんなー!

 ふぅ、オジさんのナイスボケに危うくがっかりし損ねるところだったゼ <論点が違います
「え、じゃぁ今日はダメなんですか?」
「え〜、そういうことになっちゃうんですよぉ」
「はぁ。わっかりましたぁ」

 私は自転車に乗り、すごすごと家路についたのだった……。

 今日の教訓:運動不足は不幸のもと <それも違います

 そ〜か〜、まるやまさんSim さんって似てたんだ〜(謎)。

22, Jan. つまづき倒すのこと
 朝。
 ちょっと寒い部屋と、ぬくぬくした布団のコントラストがすんばらしく心地よい、そんな冬のいちにち。
 ああ、ささやかなシヤワセ……。

 起きたら 9 時半だった。

 いや〜、驚いたのなんの。慌てて小さな菓子パンをインスタントコーヒーで流し込みましたさ。
 家を出たらすでに 10 時。うひゃ〜(--;;
 モーレツなスピードでチャリンコをこぎつつ、ふと途中で「こんなんだったら、不動産屋に寄れるじゃん」と醒めてみた。
 どうしてって、困ったことに、車庫証明の地図がうまく書けなかったのだ。
 もともと絵がド下手な私だから、家から車庫までの地図なんてとてもとても。
 あまつさえ車庫の配置図まで必要なのだ。しかも入り口の幅や目の前の道の幅の距離まで記入しろという。
 だから、そんなんなら不動産屋さんに書いてもらおーよと思ったのだ。ちょうど時間的にも開いたばっかりだから空いてるだろう。
 が。

 書類、家に置いてきたやんかー!

 という致命的事実に気づき、即敗北決定。
 これがつまづきそのイチね。

 つまづきそのニは、それから 30 分後であった。
 ふらふらと地下鉄から這い出して、明るいお天道様の下に出られる。うーん、健康(ここで横の人の肩を叩こう)!
 と思った矢先。
 階段でけつまづいた。かこんって感じ。
 思いっきり転んだりはしなかったけど、カッコわるー! 後ろにたくさん人いるんだよぉ。
 もー即早足決定。今度はかなり気を付けながら、ね。

 そのサン。
 昼飯直前。
 昼を食べに、3 階にある研究室からのたのたと階段を降りている途中。
 またしても、だった。
 もうすでに疲れはじめていた私は、もうそれに特別な反応を示すこともなく、淡々と歩みを続けましたさ。ええ、もう頼みません。

 そんなわけで、運動不足の私は開き直ったわけですが、その後はなーんもなし。けつまづいたり転んだり、飲んだあげくに暴言を吐いたりはしなかった。
 そこ、笑わないように。
 最近は控えてるんだから。控えてるんだってば。

 うーん、眠い。

 あ、そうそう。BBS は正式運用といたします。
 何が変わったって、文字のサイズをちょっと小さくしただけだけど。

 ところで。
 私の知識は非常に偏っているんです(おおいばり)。

21, Jan. それは敗北だったらしいのこと
 今日は朝から不動産屋さんに行ってきました。研究室にはそのせいで遅れるって言っておいて。
 突然車を買うことになりまして、その駐車場の契約にね。
 しかしなんや、細かい決まりとかぎょーさんあって、メンドいですなぁこれ。<アンタどこのヒトや
 まぁ時間的にはすぐに終わりました。っていうか早く終わりすぎ。
 どうせ研究室に急いで行っても、今日は回り続けてるプログラムのログを少し解析するくらいしかやることないしなぁ。
 でも、とりあえず早く行って、それからずーっと居ないとぶちぶち言われるから気分悪いし。
 そだ、今日は大義名分があるじゃないか!
 そう思い立った私は、おもむろに地元のドトールコーヒーに入った。
 モーニングメニューのジャーマンドッグセットを頼んで、まったりとした時間を過ごす。
 その後、地元駅そばにある、以前バイトしていた店に寄って、顔見知りの人たちと最近のコトを話したり。ここで久々に文庫を 2 冊購入。
 気づいたら両方とも富士見ファンタジアだった。
 ええい、いいんだい。私は冴木忍先生のファンなんだい。
 そしてよーやく学校に足を向ける。結局、着いたのは昼 12 時くらいだったかな。うーん、ふにふにだ。
 私がこーんなふうに過ごしてたことは絶対秘密。ナイショのショなのだ。

 着いてみたらみたで、いきなり「今日は FireWall の再構築するから、ネット使えないよ」と言われる。今度はそれをたてに「演習室にメール見に行ってきまーす」。
 そして演習室の端末前。うっ、返事したいメールがさくさく入っている。しかしここからだと諸般の事情により返事できない。困った。
 困りつつ、研究室に戻る。以後、ずーっと雑誌を読んだり仮眠したり。おいおい、私は何しに来たのさ?
 今日はそんな感じでした。

 明日からはテスト期間です。
 えーと、私は何を受けるんだったっけな〜。
 (今さら初めて予定表を眺める)……ふーん、明日はなーんもないや。あ、土曜にひとつある。
 仕方ない、あしたじゅうにノートを集めるかのぅ。ふぅ、やれやれ。

 今日はここからが本番です(にや)。  っていうかむしろ私信もーど。

悪の編集長氏
 だって私、perl なんて勉強してないしぃ。
 っていうかプログラミング全般ダメ。肌に合わないっす。
 それにもしスキル的にできるとしても、そんな時間あれば文章書きたい。
 というわけで、プライドもあんまり痛まないのさっ!

 それより、うれしかったのが……。
 BBS の Internal Server Error の原因、ようやくわかりました!
 スクリプト系のプログラムは、Binary 送信ではなく、Ascii 送信でないと動かないんですか、そうだったんですか!
 ほんとにそれだけで、さくっと動きましたッス!
 情報をくださった kula さん、ichi さん、nary さん。ありがとうございますです!
 さんざん悩んでいるときに、一緒に原因を考えてもらった友人に「わかったぞッ!」って喜び勇んで言ったら、呆れ顔でこう言われた。

 「そんなん常識だよ、知ってると思ってた」

 うるうるうる……(T_T)
 というわけで、BBS を暫定公開いたします。
 GuestBook を置こうかとも思ったのですが、それは Diary のてっぺんで代用していただくことにします。
 御注文、御批判、御なぐりこみなどなどお待ちしておりますので、どうぞ書き込んでやってくださいまし。
 それでは。

20, Jan. 不安定なところを肉眼で確認してしまったのこと
 今日は、1 教科だけだが繰り上げテストがあった。
 国語表現法。
 なんでこの時期に一般教養科目(パンキョーと読もう)を受けにゃアカンのや、と思いつつ、しかし背に腹は代えられないのだ。
 もし、万が一にもこれを落ちたら、私の卒業への道のりはかなり暗いものになる。さすがにちょっと緊張したが、まぁ 90 点は取れたろう。
 結果オーライである。これで一応、卒行単位は確保した……ハズである。そんなよーな気がする。
 うん、OK だ。

 うー、なんかつまんない。ネタはないのかネタは。おろおろ。

 ……あ。

 そうそう。
 明日午前 0 時を以って、ようやく big の電話番号が我が家のテレホに適用されるです。
 これで私も 56k modem ユーザ! うっれっしいなっと(^^/
 big って、午前 0 時以降にかけて繋がるんですかねー。かかんなかったらどーしよ。どきどき。

寝不足で苦しんでいる御仁

 私は平均 7 時間半睡眠です。

 じゃなくて(^^;、BBS はちゃーんと permission も確認しましたし、ログファイルは touch コマンドで作ったので空になってます。っていうかむしろ 0 byte ですし。
 big の HP に 666 モードのものは 600 にしろ、とも書いてあったので、それもやりましたがうまくいきませんです。
 ちなみに #!/usr/local/bin/perl です。which コマンドで見たら /usr/bin/perl とか出てきたので、一瞬そっちに変えたりもしましたけど(--;
 GuestBook も同様にうまくいかないし。う〜ん、ナゼ?(@_@;
 んでもって、某コミックって知らないですぅ。H 氏の日記でしか見たことなくて(^^;;

 ってな具合で今日のところはご勘弁を(^^;

19, Jan. リベンジを受けるのこと
 授業が早めに終わったので、私は眠い目をこすりながら席を立った。
 と、横合いの友人から声がかかった。
 「オゥ、ジブンちっとツラ貸せや(一部誇張あり)」
 私はビビりつつも唯々諾々。へろへろとヤツの後に続いた。
 一体、何をするつもりなのだ?
 私の心配をよそに、ヤツの軽快な足取りは電算機センターへと向いていた。
 なんだ? 何が待っているのだ?
 ……もしやッ。

 私の苦労して X を立てた FreeBSD マシンが再インストール攻撃に遭っているとかッ!?

 違う? それとも……。
 まにあなスクリーンセーバーでぴかちゅうフラッシュ攻撃が待っているとかッ!?

 はふぅ、そいつぁツラいぜ。
 内心、汗びっしょりでたどり着いた、そこに在ったモノは。

 ViaVoice だった。

 聞いてみれば、友人は先日ここで槍玉に上げたのを見て、「エヴァも認識できるように教育しちゃる!」と思い立っていた様子。
 なーんだ。ちょっとがっかり。<ぉぃ
 とにかく、また「エヴァ初号機、完全に沈黙」と言ってみました。
 すると。
 「エヴァ初号機完全に沈黙」
 ををーっ! ちゃんと認識したじゃないか!
 実は数回ほど誤認識してたりもするんですけど、とりあえずちゃんと認識した事実があるってことで。
 ただねー。どうしても機械が読み上げるときの抑揚っていうか、イントネーションが異常。
 なんと言うか、「初」から「完」まで音が高くなり続けて、そこから「に」まで落ち続ける。「沈黙」は普通なんだけど。
 想像できます? 聞いてみるとかなりヘン。
 まー、認識した時には思わず「おーッ」って唸ってしまいましたよ。ええ、ナカナカやるもんです。

 ぐはっ。
 妙なハイテンションに力尽きました。
 ぱたし。
18, Jan. 研究と言いつつ掲示板を置こうとしたのこと
 Zzzzz.....
 連休明けは眠いでぇす。うーん……ぱたし(臥)。

 むっくり(起)。
 そ、それでも私は学校に行かねばなりませぬ。くふぅ。

 しかしねー。研究って言ってもサ。この時期になると、もうまとめ作業だけじゃない?
 やることはそこそこあるんだけど、それができたら半日近くかかるプログラムを実行させっぱなし。あとは結果待ちなんだよね。
 そんな状態にようやくなれたので、今日はほったらかし状態だった GuestBook に着手する。
 ほんとはすぐに付けたかったんだけど、何故か Internal Server Error が出たので、ゆっくりと取り掛かれるまでは移植を諦めていたのです。
 しかし、2 時間くらいかけたのに、それでもダメ。どうしても Internal Server Error。
 もぉ、どーしよっかなぁコレ。
 しばし考え、ええい、この際だから新しく! 思い切って BBS でも!?
 などと舞い上がってみる。早速、そのへんから探して来た。
 ふむふむ、DL したらパーミッション変えて、ログファイルをつくってオシマイかぁ。お手軽ぅ。
 あまりのお手軽さに、むしろ半信半疑になりながら設定をする。サーバに上げて、起動。
 ……それから更に 1 時間以上。

 ぜんっぜん動かんやんけー!

 どこをどーみても、ちゃんと説明通りのハズなのに動かない。やはり見慣れた Internal Server Error。
 学校に持ってくればまんまで動くクセに、一体ナゼ?(@p@;;
 使ってる方、なにかオカシイところとかありませんでした?

 そんなわけだけど、くじけてばかりでもしょうがないのでここのトップにこーんなものを付けてみました。
 妙な情報を送らせたりはしませんので、ゼヒゼヒ書き込みいただけるとうれしいです(^^)

 力尽きたので、今日はこのへんで。
 編集様、今度はそういう悪企みですかい?(^^;;

17, Jan. コテンパンにノされたのち歓待を受けるのこと(遡)
 上の(遡)は、文字どおり日付を遡って更新したしるしです。
 つーかぐうたらポイント 1 アップってことで(--;

 この日は、まず朝から友人にパチ屋(注:パチンコ屋さん)に拉致される。モーニングである。
 先日会ったとき、いかにも楽しそうにパチの話をしているのをみて、根っこにギャンブラー&お祭ラー、もといお祭りやろーの属性がある私の血が騒いだのが原因といえば原因かも。
 不健全と言うなかれ。一度、オイシさを知ってしまうと、味が忘れられないモンなのである。むぅ。
 それにもー半年以上ぶりっすよ。誘われても、いつもはまず行かないし。半年前の前は、1 年以上やってなかったし。ほんとーに稀なことなのだ、これは。
 眠い目をこすって友人の車に乗り込む。目的地までは 15 分ほど。電車で駅 3 つくらいのところに護送された。
 到着すると、すでにそこはバカ混みであった。座る場所さえ探すのに苦労するほどだ。
 なんとか空いている台を見つけて、しばらく打ってみる。

 出ない。

 何が悪いって、リーチがどうのとか言う以前に真ん中に玉が入らない。
 釘がかなりキツ目に設定されているらしい。しまった、この台はと思って辺りを見回したが、どこも似たようなものだった。
 さすが、いわゆる等価交換という店はそーいうモンらしい。
 しかしできないこともない。一縷の望みをセコい打ち方でつないで頑張ってみる。
 結果。

 コテンパンにノされた。

 最後までダメだった。友人も同じ。辛うじて一人が小当たりを出したのみ。
 くやし〜。もーしばらく行ってやるもんか。

 話は変わって、その後。
 かねてから考えていた、我が家に車導入計画を実行した。
 うちの親戚が中古車をやっているので、見に行ったんです。
 電車で片道 2 時間。かなり遠かった(T_T)
 到着するやいなや、叔父さんに丁寧に挨拶された。って、小学校のときに会ったかどうかだよ。
 「大きくなったね〜」と言われても、わたしゃアナタを全然わかんないんっすよ(失礼)。

 結局、そこで 1 時間も迷わないうちに速攻で決めてしまった。4 年式の Vigor (スペル自信なし)が諸経費込みで 40 万だよ? もーこれっきゃないっしょ。
 試しにお店の周りを数分ぐるっと運転させてもらったんだけど……ヤバい。ペーパー 3 年もやってると、勘がなくなっちゃってるよぉ(--;;
 まずは駐車場に停められるかが問題だ(汗)。

 そんなこんなで、帰ったのが 10 時過ぎ。もーへろへろだったんで、更新もせずに寝てしまいました(てへ)。

16, Jan. 自分が倹約家だったのかと気づくのこと
 昨日、今日とほーんとに何もない。
 しかも、どうも体の調子が思わしくなかったりしたので学校を休み、ひがな一日あったかくしながら次作の構想をねりねりしてみる。
 適当に CD を引っぱり出して、次は邦楽からにしようか、いややはり洋楽、中でもとびきりドマイナーなヤツにしようか、と考えつつ聞き返す。もちろん、洋楽の場合には歌詞の日本語訳がついているものしか使えない。
 しかし、そのへんは倹約家(ケチと読もう)な私。よくよく探してみると、そのほとんどが日本語訳のついたものよりも 2 割ほど安い、いわゆる輸入盤ばっかりだった。
 くぅ〜、こんなことならケチらずに訳のついたやつ買うんだったぃ!
 まさかこんな用途に使えるとは思わなかったもので(^^;

 で、仕方なく邦楽から探す。……おっ、これは良い。曲は以前から好きだったものだが、詞のイメージがすごく気に入った。
 駄菓子菓子((c)H 氏@ A.W)。
 ふとイメージを膨らませて、ああ、このコはこう思ってこうするんだろーな、などと勝手に考えて、プロットを書き始めてから、困ったことに気づいてしまった。

 前のとほとんど同じだぞコレ。

 ヤバい。また自転車に乗せて雪のなかを走らせるのはいくらなんでもマズい
 だって、そういう詞だったんだもぉん。仕方ないじゃないかー。
 と駄々をこねつつも、やっぱり却下する。くぅ。

 そんなわけで、次作は未だ思案中です。
 季節ネタを出すか、それとも……。うーん、悩みどころだ。

14, Jan. 妙に安定してるのがむしろ怖いのことその他
 結局、Win95 への破損ファイルのみの追加インストールはまだ出来ないまま。
 しかし、それをやろうとしたとき以来、妙に調子が良い。起動しないことがないのはおろか、エラーさえほとんど出さなくなった。
 こいつ、オシオキされるのを怖がって、素直に従う気になったか?
 えいえい、こいつ、くやしかったら落っこってみやがれい。

 ……ええ、そうです。書くことがないんです。ええ、そうですとも。

 あ、デザートだ(はぁと)。  もとい(^^;。そうだ。私、今日は便利屋やってたんだ。
 研究室にいたら電話がかかってきて。聞くと、授業でやったプログラムの結果を紙に出力したいんだけど、その方法がわからないと言う。
 UNIX が相手だから、a2ps とか lp とかのコマンドを知らないと、なかなか難しいらしいんです。
 口頭で説明してたら、わからないらしく「来てくれ」と頼まれたりして。泣く泣く出かけましたさ。
 階段 2 階分も降りて、そっから歩いて 5 分くらいかかるんだよぉ。風もびうびう寒いのに。<ぐうたら
 途中で紙がなくなって待ち状態に入ったり、たった 4 文字書き換えるだけで引き止められたり。そんなこんなで無事に出力し終わったあと、私は「もちろんジュースくらいオゴってくれるんだよねー?」と言うつもりだった。
 ユニマットの自動販売機に、こう書いてあるのを見つけるまでは。

 故障

 しくしくしく……(T_T)
 友人と別れ、研究室に戻る前に寄り道。その後、さてしゃぁない、自分でジュース買おうかなあと思って別の販売機があるところに行く。ちなみに結構遠回りになる。
 んで、いざコイン投入の段になって、重大なコトに気づいてしまった。
 小銭がない。つーか、1 円玉と 5 円玉しかなかった。
 ほいじゃ札で買おう。何気なくポケットに手をつっこんで、そのまま硬直した。
 サイフ、研究室だ(心の中で号泣)

 いやじゃ〜! また 3 階に登って、ここに戻ってきて、またまた 3 階に登るのはイヤじゃ〜!
 結果、ジュース飲めず(T_T)
 飲みたかったのにぃ。ドリンクヨーグルトかアクアブルガリア。
 そのあとで他の友人に頼まれたメールソフトのインストールは、もー半ばヤケですわ。深い哀しみのあまり。
 まぁ、いくらなんでも 486 に WinNT なんぞ載せてるマシンに NetscapeCommunicator を入れたのは悪かったかも……。いいじゃん、メール読めるし。設定もしたんだからさー。

 私ってそんなにぐーたらじゃないですよね?
 ね?

13, Jan. 修正に夢中だったらしいのこと
 また穴あきになったワケは以上の通り(^^;

 気づいてはいたんですけどね、Link を叩くと左のフレームが残っちゃう現象をどう回避したらいいかがようやくわかったんで、喜び勇んで修正して、ついでにリンクの文句も味気なかったので増やしてみたり。
 そんなこんなで気づいたら、あとはメールの返事と研究をやっただけで一日が終わってしまったとですよ。

 さらに、昨日は友達から
「Win95 の OS を上書きするフリすると、破損(消滅)ファイルだけを修復するモードでのインストールができるんだよ」
 という夢のような知識をもらったので(もしかして常識?)、帰宅直後に速攻でやってみたんですよ。
 が。
 結局できませんでした(T_T)
 その友達が言うには、ふつーにインストールしようとすればその選択肢が出てくるとのことだったんですけど、私の愛機にはどーやっても出てこない。
 電話で泣き付いても「ハズ」の一点張りだし。そりゃそーだ。
 まぁ珍しくマシンの調子も良かったので、あっさり諦めましたよ。ええ、そりゃーもーさっぱりばっさりと。
 何が悪いんだろーなー。

 話は変わりますが、今日は話に聞いた ViaVoice という某社製の音声文字入力ソフトに触れる機会がありました。
 ご丁寧にインカムまであったんで、早速試してみる。
 インカムを頭に装着し、Shift キーを押しながら入力するとのこと。さて、なんと言ったものか。
 私はしばし考え、そしてなるべくハッキリとこう言った。
 「エヴァ初号機、完全に沈黙!」<馬鹿

 するとこの ViaVoice、応えて曰く
 「絵が照合、完全に沈黙が」

 謎だ。最後の「が」あたりが特に。
 まー、思ったよりもかなり正確に変換してくれるんですねぇ。カタカナ語はさすがに登録しないと無理らしいので仕方ないとして、その他は驚くべき認識率でした。
 ちゃんと「隣の客はよく柿食う客だ」も、最後の「だ」が「が」になった以外は完璧にいったし。
 って、最後の「が」はなんなんだ「が」は。
 普通に考えれば雑音だろうとなっちゃうんだけど、それじゃあおもろくないしなぁ。
 あと、関係ないけどマシンが認識した結果を電子音声が復唱してくれるのもなかなか間抜けで笑えた。
 やはり普通にタイピングしたほうが圧倒的にはやい。目の見えない人のために開発されているという話もうなづけた。

 つーことで、今日はこのへんで。

 
12, Jan.
 疲労とスイマーに襲われてあっさり敗北。

11, Jan. しょっぱなから穴をあけるのこと
 いきなり2日あけてしまいました(^^;
 いやね、これにはふかぁい理由があるんです。あるんですってば。
 移転終了の翌日9日、夜。いつものよーにネットに繋げ、さて第2回だいっちょ気合い入れて日記書いてやるかぁ、と意気込んだ私。
 マシンの電源を入れると、bios チェックが始まる。ふつーのことですね。
 そして、Win95 のロゴが画面いっぱいに表示され、それが終わると真っ暗になる。問題ないですね。
 そして、次は Win95 が立ち上がるでしょ? そういうモンでしょ?
 しかぁし! 何を思い立ったのか、我が家の自作1号くんはそこで何の前触れもなくボイコットに踏み切ったもよう。
 真っ暗な画面から、また bios チェックに逆戻りしてしまったんです!
 以降そのループ。これじゃあ一向に OS が立ち上がらない。
 ボイコットは昨日も快調に行われ、私は敢え無くネットから切り離されたのでした。めでたしめでたし<ゼンゼンめでたくねぇ
 そんなわけで、今日は学校で書いてたりします。
 あー、やっぱり CPU を MMX Pentium から K6 にして、OS とかほったらかしにしたのが悪かったんかなー。
 メンドいけど、また戻してみようかなー。細かいジャンパとか、もういじりたくないのにぃ。

 つーことで、ネットはおろかパソコンからさえ切り離されてしまったので、昨日は冬休み最後ってことで友達の家に遊びに行きました。
 月曜(今日だ)提出の課題は問題さえ知らん? 火曜日提出の課題がよくわかんねぇ?
 
そんなん知るかッ!

 などとムゲには言えず。京王線の聖蹟桜ヶ丘という駅まで呼び出された。
 行きは東西線、都営新宿線、京王線と乗り継いで2時間弱。帰りは言いくるめた友人の車で1時間くらいだったかな。
 ほんとーに遊びに行ったのかどうかがちょっとわかんないけど、まぁいいや。
 しかしこの聖蹟桜ヶ丘ってところ。住むにはすんごいいいトコだね。
 何といっても気に入ったのが、駅ビルみたいなところ。
 雑貨やアクセサリー、画材なんかもかなり揃ってる。本屋もまぁまぁ。3階にある喫茶店の珈琲がむっちゃうまかった。いまどきストレートの珈琲飲ませるところって珍しいよ。

 まぁ、こんな感じですかね。

 P.S.

  某子煩悩氏、ちゃんと卒業はしますってば。
  悪の(以下略)編集氏、来年「も」3回決定ダネ!(^^)

8, Jan. 移転作業終了
 本日も終わるころ、ようやくにして移転と相成りました。
 去年のうちになんとかしたかったんですけどねぇ。風邪で寝込んだり、コミケに行って悪巧みしたり、田舎に帰ったり初詣したりしてたら終わんなくなっちゃったんですねー、これが。てへ。
 
 そんなこんなでこっちも延ばしに延ばしてた、テレホの番号を big に変えるコトをやりに行く。
 バリ寒いのに自転車をきこらきこら言わせながら、10分とちょっと。ようやく NTT に着く。
 もう何度目かの変更なもんで、勝手知ったるもの。受付のおねーさんの反論を許さぬほどにテキパキと事情を説明し、さらっと作業を済ませる。印鑑と身分証明がいるなんて百も承知さ。言われる前に出してやったさ。ふふふ。
 だが。世の中そんなに甘くはなかった。っていうかむしろもっと奥深いものだったのだ。
 全行程を済ませ、さーてまたさぶい中をえっちらおっちら帰るかあと思った瞬間。おねーさんはこう言った。

「あのぉ、電話でもお受けしておりますので、次回からはそうなさっては如何ですか?」

 そーやったんかーい!

 しばし愕然とし、ふらつく頭をおさえつつ、ぶるぶるふるえて帰りましたよ。ええ、帰ったさ。

 話は変わりますけど、このページってちゃんと見つけてもらえるんだろーか。
 昔のアドレスの末尾のファイル名を index.cgi としてたんですけど、どうもこのファイル名の中身にはプログラムを入れないと Internal Server Error とか言われてしまう。
 おかげでこのページに飛ばせなかったんですよねー。仕方なく、index.html のほうだけ対応、ということにしたんです。
 ヘンなのー。へんなのー、で済めばいいんだけど。むぅ。
 
 初日はまぁ、こんなところで。



K"m"A Cyber Products.