『じんぶん学校』

 沖縄では、子どもたちが山で遊んだりすることを「山学校」(ヤマガッコー)と言います。「じんぶん」とは、沖縄のことばで生きるための「知恵」の意味。『じんぶん学校』は、「じんぶん」を使って遊びくらす<居場所>のことです。


『じんぶん学校』は、沖縄やんばる東海岸の周囲2qひと気がまったくないヌーファと呼ばれる亜熱帯の大自然の中にあります。まるで陸の離れ島。森の道をゆっくり下り、浜辺に着くと、アダン林の中に手づくりの施設。ちょっと昔のやんばるの風景が広がります。


電気もガスもないヌーファの里で、自然とともに生きてきた先人たちのじんぶんに学び、自然の中でのくらしをまるごと体験する「じんぶん学校」。たくさんの命のつながりの中に生かされていることに気づける場所。大自然の恵みをうけて、本当の“豊かさ”ってなんだろうと、ふと立ち止まって考えられる場所。未来の地球を思いめぐらす「じんぶん」の芽を感じられる場所。いろいろ挑戦してみるのも、のんびりゆっくりしてみるのも、ヌーファの里でどうくらすかは、あなたの「じんぶん」しだいです。





エコネット・美(ちゅら)
〒905-2262
沖縄県名護市嘉陽72
TEL:0980-55-8077
FAX:0980-55-9077
E-mail:jinbun@kushibb.jp
URL:http://www9.big.or.jp/~chura/